進出サポート
Top > 企業の皆様へ > 進出サポート
進出サポート

企業進出支援体制

名護市に立地をご検討の際から、立地した後についても、トータルで『サポート』します。

強力なサポート体制!

○支援1:税制優遇
一定の要件を満たす企業については、国内唯一の経済金融活性化特区をはじめ、情報特区と情報通信産業振興地域制度による税制優遇制度が活用できます。

「特区制度の概要についてはコチラ」 (名護市)
「税制の優遇についてはコチラ」(沖縄県)

○支援2:施設・インフラ
名護市への情報通信・金融関連企業の誘致・集積をを目的として名護市は施設・インフラ整備を進めています。
首都圏等でビジネスを行う場合に比べ、固定費を大幅に削減することが可能です。

・名護市マルチメディア館(インキュベーション施設)においては、一定の要件を充たす中小企業は、3年間に限り使用料(共益費・電気料等の実費を除く)の免除を受けることが可能です。(事業計画等の審査により許可された場合に限る)

「特区施設・インフラ詳細についてはコチラ

・特区施設館内では、北部広域ネットワークのインターネット接続サービスを利用することができます。

「北部広域ネットワークについてはコチラ」(北部広域市町村圏事務組合)

○支援3:通信コストの補助
・沖縄~本土間の通信回線を利用する企業に対して、低価格な通信回線をリセールすることにより、雇用の拡大を図ることを大きな目的とし、沖縄県が補助しています。企業経営において大きなコスト要因となる通信費の圧縮を支援しています。

「情報通信費低減化支援事業についてはコチラ」(沖縄県)

○支援4:雇用促進助成
・沖縄若年者雇用促進奨励金
沖縄県において、事業所を設置し雇い入れた35歳未満の若年求職者に対して支払った賃金に相当する額の一定割合を助成。
「沖縄若年者雇用促進奨励金についてはコチラ」(沖縄県)

・雇用開発奨励金
雇雇い入れた支給対象者の人数や事業所の設置・整備の費用に応じて、一定の期間、一定額の助成

「各種助成金のご案内についてはコチラ」(沖縄労働局)

○支援5:人材育成・確保
・情報通信・金融関連企業のニーズに沿った人材育成事業を実施。求職者向けに、年間を通して基本的なビジネスマナーやパソコン【エクセル・ワード】基礎などが学べる講座を開催。また、将来を担う子供たちの職業観や金融情報関連企業への興味関心を育むためのキャリア教育を実施。

「各講座のご案内についてはコチラ

↑ページ先頭へ